社員インタビューVol.1

2017年6月20日

 

ファインズでは、寺田次長(研修責任者)の元で中途入社者(営業職)を対象に東京本社で2週間の研修を行っています。
現在活躍している営業マンは職種未経験で入社した人ばかり。
2週間研修は未経験入社でも結果を出せる仕組みの一部です!

今回は、6月1日に入社し、2週間研修を終えた新入社員のリアルな声を聞いてみました。
ファインズへ応募するか迷っているあなた、是非この記事を参考にしてください!

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月1日入社者のみなさん(下部写真)
東山さん/20歳/前職:インストラクター、接客業(左)
飯田くん/24歳/前職:電気工事作業員(中央左)
品田くん/23歳/前職:公務員(中央右)
山本くん/27歳/前職:メーカー営業(右)

 

 

―入社からあっという間に2週間経ちましたね。今日は入社理由と2週間研修についてお話を聞か
せてください。早速ですが、4人は何でファインズに入社しようと思ったのでしょうか?

飯田 
理由は3つあって、早い段階で部下のマネジメントができること、起業を目指している人が多いこと、目標を持っている人が多いこと。僕は目標を明確に持っていたので、ここしかないと思いました。

東山 
私は7ヶ月間、子会社でテレアポのアルバイトをしていて、ファインズの人の良さ、社風が自分に合っていると感じたからです。

品田
僕は学校を卒業してから1年間自治体で働いていたのですが、学生時代から起業する目標があったので、1年働いた後は起業するための準備をしたいと思い、受けたのがファインズでした。ここなら営業力をつけられると思ったので。面接時に勢いのある会社だということがひしひしと伝わってきて、頑張れば成長できる環境だと思い入社を決めました。

山本 

面接時に自分のことを深く聞き出してくれて、他社とは違うなと感じました。自分のビジョンが明確になった面接でした。

 

―4人とも、ファインズのことをよく理解して入社を決めてくれたんですね。

飯田 
自分は説明会に参加したので、普通の中途採用の選考より理解が深まったかもしれないです。面接の雰囲気もよかったので、堅苦しくなくて自分に合っていると感じました。

品田
(ファインズのこと)持ち上げてるの?(笑)

飯田 
持ち上げてないからね!

品田
(笑)。 僕も面接時に業績とか、今後の展開を聞いて勢いがある会社だなと思いました。

 

-実際に入社してみて、入社前とギャップはありましたか?

品田
そのまま!朝礼の覇気、チームの団結感、目標へのコミット感、圧倒されました。

山本  
本当にそのままです。全員が同じものを目指していて、熱が伝わる。

 

 

―確かに。私も入社したときは朝礼の勢いに驚きました。
入社して2週間研修を受けたと思うけど、研修はどんな内容でしたか?
配属後も役立ちそうですか?

飯田 
研修内容はテレアポ研修と営業研修、両方です。
テレアポはスクリプトの意味から説明を受け、自分に落とし込んでいきました。最初はぎこちなかったのですが、今ではスムーズに話せます。
営業は、先輩社員に同行させていただき、現場感を味わいました。座学では、営業の流れや本質から教えていただいたので、未経験の自分には分かりやすい内容でした。

東山 
飯田くんの話してくれたとおりです。私は、テレアポをやってきた自分ですら理解出来てなかった難しさを学べたと思っています。本当に基礎を身につけることが出来ました。
他にも、テレアポや営業でやりがちなミスをしない方法を教えてもらえたので、配属されてからも絶対に役立つと思います。

品田 
僕は営業としてのマインドを学べたところが身になったと感じています。営業として正しいマインドを持つことは営業の根本だと思いました。
営業職は初めての職種でテレアポもしたことがなかったので、最初は正直不安でした。ですが、本質的なマインドの部分から教えてもらえたので、怖いという気持ちはなくなり、むしろ日に日にワクワクして今では楽しく仕事ができています。

山本  
自分も前職はファインズと違う営業手法だったので、テレアポは初めてでした。
コール数は毎日厳しく言われていたので量に執着することには自信がついたと思います。

飯田 
配属後は先輩の営業に同行させてもらえる機会が減ると思うので、研修中に勉強させてもらえたことは大きかったです。口頭で教わっても現場に出ないと分からないこともあると思うので、現場の空気感を入社してすぐに知れたことは配属後も役立つ気がします。

東山 
あと、社会人としてのマナーも教えてもらえるのは、初めて社会に出る人にとってはすごく助かると思います。社会人未経験でも安心です!

 

 

―初めては何でも不安ですよね。
 逆に、「もっとここを教えてほしい!」と思ったことはありましたか?

東山 
自分の担当商材のことは理解しているのですが、ファインズって商材が多いじゃないですか。お客様にファインズを紹介するとき、他の商材も理解しないと出来ないと思って。全商材を詳しく教えてもらえたら嬉しいです。

寺田次長 
それは今日の夕方にスケジュール組んであるから大丈夫だよ!

東山 
そうなんですね!じゃあ大丈夫です。(笑)

山本  
教えてほしいところではないのですが、進むのが速いとは思いました。良い意味で。
これについていく!という意気込みがないと辛いかもしれないです。自分はそれを求めていたので、よかったです。

 

―では、最後に2週間研修の感想と、配属後の意気込みをお願いします。

飯田 
寺田さん二週間ありがとうございます!
入社する時は中途だし、未経験だし、自分に出来るか不安でした。ですが、この研修でマインドが重要なことを学び、それを意識したことでマインドセットができたと思います。ここを崩さず、明日からも頑張ります。

東山 
私は電話をかけること自体は怖くなかったのですが、商材が変わることに不安を感じていました。2週間経った今、新しい商材のスクリプトにも慣れ、不安はなくなりました。明日からの配属先でも先輩達から沢山吸収していきます!

品田 
僕は福岡営業所配属なので、同期とは離れることになりますが、この2週間東京にきて同期と頑張ったことはとても自信になりました。福岡でやってやるぞ!と思っています。起業という目標に繋がるよう一日一日を大切にしていきたいです。

山本 
一番は、楽しかった!自分は同期がいることが初めてだったので、切磋琢磨して頑張れる環境があるのはよかったし、これからも心強いです。意気込みとしては、目標は必ず達成していきます!

 

―研修責任者の寺田次長、明日から配属の4人へ一言お願い致します。

みなさんお疲れ様です。
皆も話してくれたけど、この研修では営業の本質的な話を中心にしてきました。テレアポであれば、相手は何で「忙しい」と言ってくるのか、何で「検討する」と言ってくるのか、目先の断り文句ではなく、その言葉の裏はこういうことだよ、と2週間伝えてきました。
物事には必ず理由があるので、アポイントが取れたときや受注できたときには理由があります。この理由を探求して考え抜くことが営業で成功する鍵となるので、配属後もこれを意識してください。
この考え抜くことができる人はどういう人かというと、自分の目標を強く持ち、それに向かってがむしゃらに頑張っている人です。仕事は「自分の目標を達成するための手段」なので、目標を持つということがとても重要。仕事はやらされるものではなく、自分からやりにいくものです。特に営業はそう。目標を持ち続けて、そこから逆算して、今自分に何が必要か考えて行動してください。
配属されてからが本当のスタートなので、これから死ぬ物狂いで頑張ってください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

寺田次長、東山さん、飯田くん、品田くん、山本くん、ご協力ありがとうございました!

ファインズでは、未経験でも活躍できる環境を用意しています。
やる気に満ち溢れる方、お待ちしております!