2017年 新卒入社

細川 花蓮Karen Hosokawa

Career Class
東京本社 / セールス 課長
Profile
大学卒業後、新卒でファインズへ入社。入社後すぐにトップクラスの営業成績の常連となり、入社1年後に課長に昇格。その後広告や現在はサイト制作事業のSoloGrandeの新規事業の立ち上げに関わり課長としてマネジメントを行っている。

大きかったマネジメントの壁

私は、正直なところ入社してから結果を出すまでがすごく早かったので、あまり苦労せずに、入社1年後には一つの課をまとめる必要があるポジションにまでスピード昇進しました。


ですが、実際に自分では意識せずともできていたことや、考えるというよりは感覚が形になっていたところがすごく多かったので、マネージャーのポジションになってからはとても苦労することになりました。


できない人の気持ちが理解できなかったんです。だからできない人にどうやって教えれば良いのかわからないし、部下を意図して育てることができませんでした。


部下が育たないので、チームとしてのパフォーマンスを上げることに苦労した日々が続きました。最初は自分がマネージャーに向いてない。などと心の中で言い訳をしていた部分もありましたが、諦めずに客観的に理解し、修正をし続けることで、次第に変化が現れました。

偶然ではなく、必然を作れるようになった

なんとなくできるようになった。ではやっぱりだめです。


私は、マネジャーとして部下の課題を明確にし、どうやったらその課題をクリアできるか。メンバーの一人一人が自分でPDCAを回すことをサポートするのが私の役割です。


「なんとなくできた」から「意図してできるようになった」という部下を早期でどんどん輩出していくためにはどうすればいいのかを、日々考えて仕事をしてます。


そして、何よりも私自身がPDCAを回し続ける必要があると思っています。例えば、営業時のテレマーケティングのトークや、ヒアリングやお客様への提案など、課全体でこまめに修正し、ブラッシュアップを繰り返すことで結果が実際に変わるんですよね。そうするとすごく仕事の面白さをより感じることができるようになりました。


プレイヤーの時は正直考えずにやっていたので、考えるようになったのが自分でも驚きです…笑

何事も自分次第!

ファインズでは、全員が感じていると言っても過言ではないくらい『実力主義 / 結果主義』の会社です。そして、性別や年齢社歴なども関係なく、平等に機会が与えられ、そこで結果を出せば昇給や昇格も可能です。


だからこそ、主体性を持たないと意味がないですし、何事も自分次第なのです。


実際に、結果を出せば私のような新卒でも1年後にマネジメントをさせてもらうこともできますし、その後新規事業の立ち上げに関わることもできます。


会社はまだまだ成長期にあるので、そういったチャンスは日々転がっています。何か自分自身でスキルを身につけたかったり、成長意欲が高い方は是非一緒に働きましょう!

Person他の社員インタビューを読む

Let's Work Together