2020年 中途入社

平川 大樹daiki hirakawa

Career Class
東京本社 / セールス 主任
Profile
大学卒業後、大手メーカーで研究職として、人工筋肉の研究プロジェクトに関わる。成果を上げても評価されにくい環境を変えたかったことや新規事業の立ち上げなどの経験を積みたいと思いファインズへ入社。最短のペースで主任へ昇格。現在はWeb広告全般を提案するセールスチームの主任を務める

入社後に強く感じたギャップ

ファインズで印象的なのは、営業のKPI管理と高速で回すPDCAに尽きますね。


営業といえば、イケイケドンドン、気合でノルマ達成だ!みたいなイメージだったので。かなりギャップがありましたね(笑)


ファインズでは、営業活動の各フェーズにKPI(数値目標)が割り振られていて、月次 / 週次 / 日ごとに上司と振り返りを行っています。


たとえ、上手くいかなかったとしても、結果から「なぜこの差が生まれてしまったのか」「本質的な原因はどこにあるのか」


じゃあ、次はどうしたらいいのか。


ここまでの一連の流れ(PDCA)を徹底に回すことを叩きこまれました。


そういう意味では研究職にも通ずるところがあったので、自然と入り込むことができたと思います。

自分の成長、会社の成長、お客様の成功がリンクする

私は、既存顧客のお客様に対して、お客様のソリューションに合わせたクロスセル/アップセルを行っているチームのリーダーをしています。


お客様の課題の解決策は一つではありません。
だからこそ、常により良い提案をするためには、どういう提案が良いのか。もっと分かりやすく伝えるためにはどういう話し方が良いのか。


そういった改善活動を通じて、さらに自分を高め、お客様に還元をする。
また、そういう人材を育成することで、結果会社の成長にもつながる。そのような連動性を考えながら仕事をしています。


ファインズは成長フェーズで、様々なチャンスが転がっています。だからこそ、数年後には自分で新規事業を立ち上げて軌道に乗せるところまでをやっていきたいです。

若手が活躍できる環境がここにはある

若手の成長に必要なものは全部揃っている会社だと思います。
・まず、挑戦させてくれる環境
・KPIを用いて定量的/定性面での営業管理
・高速で回すPDCA
・社歴関係なく実力主義での評価
・成果に見合った給与


このようにフェアな評価と自走を促す環境があるから、異業種からの転職で営業未経験だった自分でも、自身の成長を感じつつ、次のステップに登っていく感覚を超高速で味わえることができたと思います。


若いうちから裁量持って働きたい。自分の実力や結果で表介されたい人。そう考える人は絶対に合うはずなので、一緒に働きたいですね!

Person他の社員インタビューを読む

Let's Work Together